水虫治療はお早めに

水虫は男性がなりやすいというイメージがありますが、最近では女性の水虫も増えています。病院へ行く事や治療薬を買いに行く事に抵抗があるかもしれませんが、恥ずかしがらず、悪化する前に早めの水虫治療をしましょう。

石鹸で水虫が悪化!?水虫治療は医療機関で

水虫になると激しい痒みに襲われます。
ただ痒いだけならまだしも、水虫は他人に感染させてしまう恐れもあるので、注意が必要です。

水虫は白癬菌というカビが、皮膚や爪に感染して発症します。
白癬菌が含まれている垢を、他の人が踏んでしまうと、感染してしまうケースがあります。

皮膚がジュクジュクと剥けるなど、見た目的にもグロテスクになってしまうので、できるだけ水虫になりたくないという方がほとんどでしょう。

白癬菌に感染しない為には、特に足の裏を清潔に保つ事が大切です。
水虫は手や頭などにもできますが、白癬菌を踏みやすい足の裏が、1番感染率が高いと言われています。
石鹸でしっかり洗うなどして、白癬菌の感染を防ぎましょう。

しかし、間違った洗い方や水虫を発症してから、石鹸で洗ってしまうと逆に症状を悪化させてしまう場合もあります。
石鹸に含まれる成分は、白癬菌のエサとなってしまうのです。
患部や足の指と指の間に、石鹸が残っていると白癬菌の増殖を手助けしてしまう事になってしまいます。

もし、水虫のような症状を感じたら、自己流の対策をするのではなく医療機関で、水虫治療を受けましょう。
医療機関では白癬菌を死滅させる、抗真菌薬による水虫治療が受けられます。
抗真菌薬には外用薬と内服薬とがあり、足の裏にできるタイプの水虫は外用薬で治療する、医療機関が多いようです。

外用薬はお風呂上り、患部が柔らかくなっている所に塗ると、有効成分が浸透しやすくなるので、より水虫治療の効果がアップします。
ただし、白癬菌はジメジメとした湿度の高い所で増殖しやすい為、お風呂上りはしっかりと水気を拭き取る事が大切です。

水虫が完治した後は、白癬菌に感染しないよう、石鹸でケアしましょう。