水虫治療はお早めに

水虫は男性がなりやすいというイメージがありますが、最近では女性の水虫も増えています。病院へ行く事や治療薬を買いに行く事に抵抗があるかもしれませんが、恥ずかしがらず、悪化する前に早めの水虫治療をしましょう。

犬にも水虫が感染する?水虫の対処法と水虫治療

日本で人気のペットと言えば、犬が挙げられます。
わが子同然に育てている方も多く、ペットは今や家族以上の存在です。

できるだけ病気をしてもらいたくないと思う方が、多いのではないでしょうか。
ですが、人から犬に感染して皮膚病を起こしてしまうケースが増えています。

その皮膚病とは、何と水虫です。
犬も水虫になるの?と、驚いた方も多いかと思います。
水虫は白癬菌というカビの1種が、皮膚や爪に感染する事で発症します。

白癬菌は犬の皮膚にも感染し、増殖すると言われており、飼い主が水虫であった場合、ペットも白癬菌に感染してしまうリスクが高まるのです。
犬が水虫になってしまうと、その部分が脱毛したり、痒みといった症状が現れます。

水虫だけれど病院に行くのは抵抗があると、そのまま放置してしまい、ペットを水虫にしてしまうかもしれません。
家族であるペットを水虫にさせない為にも、しっかり水虫を対処し水虫治療を受けましょう。

水虫の対処法ですが、まず患部を蒸れさせないという事が大切です。
白癬菌は高温多湿で増殖しやすい為、足が蒸れていると、治りが遅くなります。
通気性の良い綿の靴下を履く、患部は清潔に保つといった対処を心がけましょう。

ただ、ケアだけでは白癬菌を死滅する事はできません。
白癬菌をいなくする為には、抗真菌薬による水虫治療を受ける必要があります。
水虫治療では患部に塗る外用薬と、口から取り入れる内服薬があり皮膚に白癬菌が感染していた場合は、ほとんどが外用薬での治療です。

爪の場合は、外用薬では治療できない為、内服薬を処方します。
白癬菌が広がってからだと、やはり治療には長い時間が必要です。
ペットを守る為にも、痒みなどを感じたらすぐに専門医に相談しましょう。