水虫治療はお早めに

水虫は男性がなりやすいというイメージがありますが、最近では女性の水虫も増えています。病院へ行く事や治療薬を買いに行く事に抵抗があるかもしれませんが、恥ずかしがらず、悪化する前に早めの水虫治療をしましょう。

水虫治療を早めに行った方が良い理由

水虫は成人男性に多く見られる疾患でしたが、それは仕事上長い間靴を履き続けることが多く、足が水虫にとって繁殖しやすい高温多湿の環境に置かれやすい状況があったためです。
時代の変化と共に、足が同じような状況になる人がおおくなったことから、現在では老若男女を問わずにかかる病気の一つとなっています。
水虫治療においては原因菌である白癬菌を根滅させるということが必要になります。水虫のほとんどは足で症状が生じ、感染場所も足の角質層になります。感染部位が広がらないうちに早期発見、早期治療を行うことで比較的短期間で水虫治療を達成できる可能性が高まります。
基本的には水虫は人から人へと感染するものであり、感染している人の皮膚の角質層に触れたことによって感染する可能性が生じます。その感染部位は足の角質層となるため、基本的には白癬菌が表面付近にいるため、外用薬によって治療を行っていくことが可能です。
しかし、感染部位が広がっていくことによって外用薬を塗布しにくい場所にまで感染が広がってしまうリスクがあります。そうなると水虫治療は外用薬では対応しきれなくなり、内服薬を使用することになります。
外用薬は局所での使用となるため全身性の副作用が生じる心配は殆どありませんが、内服薬となると全身での副作用が懸念されるようになります。
よく用いられている抗真菌薬には肝障害の副作用が知られているものもあり、そのリスクを抱えながら治療を行っていかなければならなくなってしまいます。そのため、水虫の感染部位が広がってしまう前にできるだけ早めに水虫治療を開始した方が余計な副作用で後々まで残るような障害を被らなくて済むようになるのです。

水虫の治療薬はどこで買えるの?

水虫は真菌の一つである白癬菌が手や足、頭にうつることで起こる感染症で、特に足に寄生してジクジクとした状態や、かゆみ、水疱ができるなどの症状を起こします。
真菌はカビや酵母の一種で、湿気を好む性質のため、靴を履いたまま高温多湿になりやすい足に寄生することが多いです。
感染経路はすでに寄生した人の足から剥がれる角質を踏むことで起こり、特に人の多い公共施設、大衆浴場などがあります。感染すると白癬菌が角質層の中に侵入し、角質内部のケラチンを栄養源として増殖、活発化して水虫の症状をおこします。そのため水虫治療には抗真菌薬のクリームなどを使用し、角質層にまで浸透させて殺菌することで完治しますが、治療期間は最低でも3ヶ月はかかると言われ、治療薬も多く使用することになります。
水虫治療に使う薬を購入するには、皮膚科で処方してもらうか、一般医薬品で販売されている抗真菌薬を薬局などから買う必要があります。ドラッグストアでも水虫に効く薬として、販売されているので、医師の処方箋なしに入手することは可能です。販売されている水虫治療薬は、クリーム、液剤、軟膏などの塗り薬が主で、水虫になった患部の皮膚に塗って使用します。一般医薬品として販売されている抗真菌の塗り薬は、医師の処方による薬と、お互いにどちらが優れているかの違いはなく、毎日決まった回数を正しく塗ることで十分な効果を発揮します。皮膚に寄生した白癬菌は塗り薬で対応できますが、爪に白癬菌が入り込んでしまった場合には、成分が浸透しきれずに効果が期待できません。この状態になると、一般医薬品では対応できなくなるので、医師の診察を受けて、内服薬の処方をしてもらう必要があります。

水虫治療をしながら自宅で出来る対策とは?

水虫治療には皮膚科で処方してもらう抗真菌薬を使用することで、水虫の原因とされる白癬菌を抑制、殺菌できます。
治療期間は症状などによって個人差がありますが、かなりの期間を必要とし、2~3ヶ月あるいは半年以上もかかるとされています。
水虫の原因である白癬菌は真菌と呼ばれるカビ、酵母の一種で、高温多湿を好む性格から、仕事で長時間靴を履くことが多い人は、水虫が増殖しやすい環境にあるので、完治までに非常に長い時間が必要になってしまいます。そのため自宅でも水虫治療に効果的な方法を使って、完治するまでの期間を短くする工夫が必要になります。
白癬菌は湿気を好むため、足はなるべく乾燥するような環境に置く必要があるので、自宅ではなるべく靴下などの蒸れる原因となるものは履かずに過ごします。
足が冷え性でどうしても靴下を履きたいといったときは、5本指のものを履き、外出時にも同じように履いていくのがいいでしょう。一度履いた靴下やバスマットなどには白癬菌が付くので、使用後は使わずに洗濯するようにします。特に家族のいる家庭では、うつしてしまう可能性もあるので、バスマットには注意する必要があります。
お酢などを使った水虫治療がありますが、病院で治療薬を処方してもらっているならば、治療は処方してもらった薬のみに絞り、他の方法は試さないようにします。
民間療法は確実性がないのと、症状を悪化させる可能性があるため、せっかくの薬がムダにならないように気をつけます。足についた白癬菌がこれ以上増殖しないためにも、入浴時はしっかりと足を洗って清潔に保つことも大切です。
乾燥した冬場では白癬菌が大人しくなることで、水虫の症状が治まりますが、確実に存在しているので、しっかりと足を洗うことを忘れないようにしましょう。

■実は水虫治療も自宅で可能
ラミシール
■各種の真菌症に効果
イトラコナゾールで滅菌
■水虫治療といえばこの薬!
ニゾラールで真菌治療
■水虫治療の医薬品によく含まれている成分の注意事項をきちんと理解しましょう
テルビナフィン服用時の注意事項とは